VIOの自己処理方法

VIO脱毛の施術には、毛を剃った状態でお越しください

メアリクリニック横浜では、ご来院前に脱毛部位の自己処理をお願いしております。
とはいえ、日ごろからVIOの毛を処理しない方は、どのようにお手入れすれば良いかイメージしづらいでしょう。

こちらのページでは、VIOの毛を安全に処理する方法に加えて、自己処理における注意点も解説いたします。

最終的に毛を残したい場合はどうするの?

メアリクリニック横浜のVIO脱毛は、幅広いデザインに対応しております。
全処理(ハイジニーナ)以外のデザインは一部に毛が残る仕上がりになりますが、この場合でも1~2回目の施術では全体にレーザーを照射することがおすすめです。
レーザーを全体に当てておくと、それ以降に生える毛は細く柔らかくなるうえに毛量が減りますので、残しておく毛もすっきり整うのです。

全照射をご希望の場合は、デリケートゾーン全体の毛を剃っていただきます。
毛が生える仕組み上、1~2回の全照射では新たな毛が生えなくなることはありませんので、ご安心ください。

VIOの自己処理には「剃毛」を選ぼう

VIOの自己処理は、電気シェーバーによる剃毛がおすすめ

VIOの毛を処理する方法はいくつかございますが、メアリクリニック横浜では「剃毛」による自己処理をお願いしております。

ブラジリアンワックスや家庭用脱毛器、毛抜き、除毛クリームなどは、肌荒れを起こしやすいだけでなく、医療レーザー脱毛の効果を落としてしまいます。
施術前だけでなく、脱毛期間中の使用は避けてください。

VIOの剃り方

剃毛をする前に、まずは毛を短く切る

毛が長いVライン・Iラインは、はじめに毛を短くしておくとスムーズに剃毛が行えます。
毛を短くするには、デリケートゾーン用のヒートカッターやトリマーがおすすめですが、ハサミでも代用可能です。
ただしハサミの場合、毛の根本ギリギリを切ろうとすると肌を傷つけてしまうリスクが高いため、少し長めに残しておくと安全です。

毛の流れに沿って、ゆっくり剃る

VIOはとてもデリケートな部位です。肌を傷つけないように毛の流れに沿って丁寧に剃りましょう。

剃毛といえばカミソリが定番ですが、メアリクリニック横浜では刃が直接肌に当たらない電気シェーバーの使用をおすすめしております。
VIO専用のシェーバーを使うに越したことはないのですが、細かい部分まで丁寧に処理できる顔用の製品でも十分です。

自己処理の締めは、保湿ケア

肌を保湿しておけば、脱毛レーザーの痛みを感じにくくなる

ムダ毛の自己処理は肌を傷めます。
電気シェーバーでも、肌への負担はゼロではありません。

毛を剃り終えたら、低刺激の保湿クリームや化粧水でしっかりとデリケートゾーン全体の保湿をお願いいたします。
これらは強くこすらずに優しく塗ってくださいね。


デリケートなVIOだからこそ、
ご不安な点はご相談ください

「脱毛の場合はクリニックの人にレーザーを当ててもらうからあまり怖くないけど、自己処理はちょっと不安……」
このように、VIOのお手入れに対して戸惑ってしまう方は少なくありません。

メアリクリニック横浜の無料カウンセリングでは、脱毛施術だけでなく自己処理についても十分なご説明をいたします。
VIO脱毛を始めるにあたり心配な点や不明点がございましたら、ぜひお気軽にご質問ください。

また、脱毛期間中の自己処理で何か気になる点が生じた場合でも、お電話をいただければ適切な対応をいたします。

こちらのコラムもおすすめです

皆様からのご予約・お問い合わせをお待ちしております


メアリクリニック横浜へのアクセス

メアリクリニック横浜

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階
横浜駅きた西口より徒歩3分

メアリクリニック横浜の院内写真

メアリ横浜の詳しいアクセス情報はこちら
名古屋・栄のメアリクリニックへのアクセスはこちら