脱毛による硬毛化・増毛化とは

脱毛による硬毛化・増毛化とは

「脱毛をしたら、何だか毛が濃くなった気がする」
こんな話を、聞いたことはありませんか?

実はただの噂話ではなく、ごくまれに起こり得る症状です。「硬毛化」や「増毛化」と呼ばれています。
ただし、実際には硬毛化の症状が出ているわけではなく、脱毛の後に生えてきた毛が濃くなったように見える・感じるというだけのケースがほとんどだといわれています。

では、どのような場合に硬毛化や増毛化が起きてしまうのでしょうか。
脱毛によって毛が太く、濃くなる現象について、詳しくご説明します。

硬毛化・増毛化とは?

毛が太くなる?「硬毛化」とは

硬毛化とは、脱毛施術を受けてしばらくすると、今までよりも硬くて太い毛が生えてきてしまう現象のことです。
これは医療レーザー脱毛だけではなく、エステで行う光脱毛や家庭用脱毛器でも同様に起こりうる症状です。
一度硬毛化になってしまったとしても、知識と技術があるクリニックで正しい対処を行えば、問題なく脱毛することができます。


毛が増える?「増毛化」とは

脱毛したのに毛が増えてしまう「増毛化」について心配される患者様も多くいらっしゃいます。
しかし、人間は生まれたときから毛穴の数が決まっており、そこから増えることはないため、目に見えて急激に体毛が増えるような現象は起こることはありません
ただし、先ほどご紹介した硬毛化のように、これまで柔らかい毛しか生えていなかった毛穴から、しっかりした太い毛が生えてくることは考えられます。
1本1本が濃くなった太い毛が密集すると毛が増えたように感じてしまうため、実際には毛が増えるのではなく「増えたように見える」だけなのです。
永久脱毛ならば、一時的に増えたように見える毛でも、最終的にきちんと脱毛ができますのでご安心ください。


毛を剃ると、濃くなる説はホント?

自己処理で毛を剃ると、濃くなる説はホント?

結論から申し上げると、医学的にはムダ毛を剃ったり抜いたりすることで毛が濃くなることはないと立証されています。
ではなぜ「毛は剃れば剃るほど濃くなる」ように見えるのでしょうか。

原因は大きく分けると2つあります。
1つ目は、本来毛は毛根から毛先にかけて、だんだんと細くなっていますが、毛を剃ったことで毛根の太い断面が現れ、それがそのままの状態で伸び毛が太く見えるというもの。
そして2つ目は、繰り返し間違った自己処理方法を繰り返すことで、皮膚表面の角質を傷付け、お肌自体が黒ずんでしまい、毛が濃くなったように感じるというものです。

いずれにしても、毛自体が太く濃く成長するわけではありませんが、間違った自己処理ではきちんとお手入れしていても、剃り残しがあるように見えてしまいます。
いつ見られても問題のない、ムダ毛レスの美肌にするためには自己処理を繰り返すのではなく、医療レーザー脱毛で永久脱毛してしまうのが近道でしょう。

硬毛化してしまう理由

硬毛化してしまう理由

硬毛化の明確な原因は解明できていませんが、一説には毛に対する熱の伝わり方が不十分な場合に起こると考えられています。

例えば、医療レーザー脱毛の場合、レーザーは毛に含まれるメラニン色素の黒色に反応して熱を発生させ、その熱が発毛組織を破壊することで永久脱毛効果をもたらします。
そのため、毛の黒色にしっかり反応しなければ、破壊するほどの熱は発生しません。

もし、何かしらの原因で熱の伝わり方が不十分なまま照射を行った場合、通常は脱毛効果が弱くなるだけですが、ごくまれに周辺の細胞や組織を刺激して発毛を活性化させてしまいます。
そのため、どんなに丁寧に照射を行っていても、硬毛化の発生は事前に予測することができないのです。

また、医療脱毛よりも硬毛化しやすいエステの光脱毛や家庭用脱毛器は、照射パワーそのものが医療レーザー脱毛と比較してかなり弱く、十分な熱量が加わりにくいという特徴があります。
永久脱毛ができず、医師の監督がない脱毛方法は硬毛化のリスクが高まるため、注意が必要です。

脱毛で硬毛化しやすい部位

脱毛で硬毛化しやすい部位

実は医療レーザー脱毛であれば硬毛化する可能性は非常に低く、全体の1%未満程度ともいわれています。
また、「このような体質が硬毛化しやすい人」という明確な基準もありません。しかし、傾向として硬毛化しやすい部位は存在します。

それは、顔や背中、うなじのように、産毛や細い毛が多い部位です。
メラニンの量が少なく色が薄い産毛や細い毛は、熱が十分に加わりにくいため、硬毛化しやすいと考えられています。
しかし、医療レーザー脱毛機の中には、産毛にもしっかり熱を届けることができる機器も存在します。
下記でもご紹介しておりますメディオスターNeXT PROはその一つです。

脱毛を受けるクリニックをご検討される際は、どのような機器を使用しているかをチェックすることが硬毛化のリスクを防ぐためにも大切でしょう。

硬毛化を起こしにくい
医療レーザー脱毛機

硬毛化を起こしにくい医療レーザー脱毛機

メアリクリニック横浜でも導入しているメディオスターNeXT PROは、硬毛化が起きにくいという特徴がある医療レーザー脱毛機です。

多くの医療レーザー脱毛機は、照射時に熱が毛穴の奥にまで瞬時に伝わる「ショット式」という脱毛方法で永久脱毛を実現します。
一方、メディオスターNeXT PROは、毛根の中でも手前にあるバルジ領域という部分をターゲットとしているため、熱を少しずつ蓄積していく方法でも発毛組織を破壊することができます。
この蓄熱式と呼ばれる脱毛方法ならば、熱をじっくり伝えることができるため、硬毛化しにくいという理論です。
さらに詳しい仕組みはメディオスターNeXT PROの特集ページもご覧ください。

さらにメアリ横浜では、万が一硬毛化してしまった場合、脱毛機のモードや種類を変えるなど患者様によって個別の対応が可能です。
肌質・毛質、施術部位によって照射パワーやレーザーのあて方を細かく調整し、硬毛化だけではなく脱毛で発生しうるリスクを出来るだけ抑えるよう配慮しております。

硬毛化の可能性を少しでも下げるためには、脱毛機だけではなく施術スタッフの技術力や対応力も必要となるのです。

硬毛化に気づいたら
どうすればいい?

硬毛化は、照射後すぐに認識するものではありません。
照射後、しばらくして生えてきた毛が徐々に硬毛化していくため、ご自身で「なんだか濃くなったかも」と硬毛化を認識し始めるのは、施術後1ヶ月~3ヶ月程度が経過した頃が目安です。

ご自身のムダ毛の硬毛化に気づいた際は、まず施術を行ったクリニックまでご相談ください。
メアリクリニック横浜では、硬毛化してしまった毛でもレーザー照射を行い問題なく脱毛を続けることができますが、クリニックによっては対応をしていない場合もありますのでご注意ください。

また、脱毛サロンやエステで硬毛化してしまった場合も、医療レーザー脱毛で照射することが可能です。
今現在、硬毛化にお悩みの方もお気軽に当院にご相談ください。

硬毛化が不安な方も
メアリ横浜にお任せください

照射パワーを上げることで硬毛化を防ぐ方法もありますが、やみくもに照射出力を上げてしまうと、やけどや炎症などの肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。
硬毛化を防ぐために別のリスクを抱えてしまっては意味がないですよね。

メアリクリニック横浜では、万が一硬毛化が起きてしまっても、脱毛機の調整を行ってもう一度照射を行うなどの対応をしております。
患者様に医療脱毛をより安全に、安心して受けていただくために日々施術の技術を磨き、リスクをできるだけ抑えるように努力を続けています。

無料カウンセリングでは、硬毛化を始め、脱毛のリスクについても包み隠さずご説明させていただきます。
これまでの治療経験から、皆様に合った脱毛施術をご提供しておりますので、硬毛化などのリスクが不安な方もまずは一度ご相談ください。

こちらのコラムもおすすめです

お気軽にお問い合わせください


メアリクリニック横浜へのアクセス

メアリクリニック横浜

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階
横浜駅きた西口より徒歩3分

メアリクリニック横浜の院内写真

名古屋駅前・栄のアクセスはこちら