脱毛による硬毛化・増毛化とは

「脱毛をしたら、何だか毛が濃くなった気がする」
こんな話を、聞いたことはありませんか?

実はただの噂話ではなく、ごく稀にではありますが、実際に起こりえる症状の1つなのです。
ただし、本当に毛が太くなる・毛が増えるということは多い現象ではなく、脱毛の後に生えてきた毛が濃くなったように見える・感じるというだけのケースがほとんどだといわれています。

こちらのコラムでは、脱毛によって毛が太くなる現象について、詳しくご説明していきます。

硬毛化・増毛化とは?

硬毛化も増毛化も、医学的に原因はまだ解明されていないのですが、それぞれ考えられる原因や対処方法など、少しづつわかってきました。


毛が太くなる?「硬毛化」とは

脱毛によって毛が太くなる現象のことを、「硬毛化」と言います。
これは医療レーザーだけではなく、エステで行う光脱毛や自己処理のカミソリ剃毛やシェーバーでも同様におきる症状です。


毛が増える?「増毛化」とは

硬毛化と同様に、脱毛により、毛が増えたように見える「増毛化」という症状もあります。
医療脱毛のレーザーやエステ脱毛の光のエネルギー照射が今まで発毛していなかった弱った毛穴を刺激し活性化させることで、発毛し毛の本数が増えてしまうのではないかと考えられていますが、人間は生まれた時から毛穴の数は決まっており増えることはないので、目に見えて急激に体毛が増えるような現象は起こりえないので、ご安心ください。


毛を剃ると、濃くなる説はホント?

医学的には、ムダ毛を剃ったり抜いたりすることで毛が濃くなることがないと立証されているのに、「毛は剃れば剃るほど、濃くなる」ように見える・感じるのは何でなんでしょうか。

それには、大きく2つの要因があるのではないかと考えられています。

一つ目は、本来毛は毛根から毛先にかけて、だんだんと細くなっていますが、毛を剃ったことで毛根の太い断面が現れ、それがそのままの状態で伸び毛が太く見えるというもの。
そして二つ目は、繰り返し間違った剃毛や抜毛を繰り返すことで、皮膚表面の角質を傷付け、お肌自体が黒ずみ毛が濃くなったように感じるというものです。

いずれにしても、毛そのものが太く濃くなるわけではありませんが、間違った自己処理は、お肌に負担を与えるだけではなく、炎症や黒ずみのように跡が残ってしまう事もあります。正しい自己処理方法をきちんと調べて実践するか専門機関での脱毛施術をおすすめします。

なぜ、硬毛化する?

硬毛化の明確な原因は、解明できていませんが、一説では照射パワー不足による熱量不足と言われています。

医療レーザーのメカニズムで詳しく説明をすると、医療レーザーは毛に含まれるメラニン色素の黒色に反応して熱に変わり、その熱が毛根組織を破壊することで永久脱毛効果をもたらします。そのため、毛の黒色にしっかり反応しなければ、医療レーザーのエネルギーが熱に変換されずに、脱毛効果も示さないわけです。
つまり、医療レーザーを照射した際に何かしらの原因で熱への変換が上手くいかず、熱量不足のまま毛根を刺激したことで、毛が太く成長してしまったのではないかというのが、医療脱毛における硬毛化の可能性の一つとして考えられています。

この可能性を裏付ける理由としては、エステや市販される脱毛機では、照射パワーそのものが医療脱毛と比較してかなり弱く、十分な熱量が加わりにくいことから、医療脱毛よりも硬毛化しやすいと言われていることにあります。

脱毛で硬毛化しやすい部位

はっきりとした原因がわかっていない硬毛化ですが、傾向として硬毛化しやすいと言われる部位は存在します。それは、顔や背中、うなじのように、産毛や細い毛が多い部位です。つまりレーザーが反応すべき黒色に反応しにくい産毛や細い毛は、熱が十分に加わりにくいため、硬毛化しやすいのではないかと言われています。

特に顔は、産毛が多い上に皮膚も薄いということから、他の部位と比べ硬毛化の症例も多く報告されています。顔の産毛がなくなることで顔色も明るくなり、化粧ノリも良くなると言われるため、メアリクリニックでも高い人気を誇る顔脱毛。キレイになりたくて脱毛をはじめたのに、硬毛化してしまったら・・・不安ですし、何としてでも硬毛化は避けたいですよね。

ご安心ください。医療脱毛であれば硬毛化する可能性は非常に低く、全体の1%未満程度ともいわれております。また医療レーザー機の中には、産毛にも高い効果を示す機種も存在します。その医療レーザー機と高い技術をもったクリニックで施術した場合には、顔の硬毛化も防ぎやすい傾向となっています。

硬毛化は、いつから発生?

硬毛化は、照射後すぐに認識するものではありません。照射時に肌や毛根に加わる熱の刺激によって徐々に硬毛化していくため、ご自身で「なんだか濃くなったかも」と硬毛化を認識し始めるのは、施術後1ヶ月~3ヶ月程度が経過した頃と言われています。


硬毛化に気付いたら

せっかく脱毛をしたのに、毛が太くなったように感じる……。ご自身のムダ毛の硬毛化に気付いた際は、まず施術を行ったクリニックまでご相談ください。

医療脱毛であれば、硬毛化してしまったムダ毛も、レーザー照射を行うことができますが、クリニックによって方針が違う場合もありますので、詳しくはクリニックまでご確認ください。

硬毛化を起こさないために

硬毛化を防ぐためには、豊富な脱毛施術の実績と高い技術をもっており、万が一のトラブルにも適切に対処をしてくれるクリニックを選ぶことをおすすめします。

というのも硬毛化は、毛質と肌質をしっかり見極めた上で照射を行えば、防ぐことができるリスクだからです。照射パワーを調整したり、脱毛機器を適切に変えるなど、豊富な実績があれば安全でかつ効果的な脱毛を行う事ができるからです。

レーザーの熱量不足が原因の一つと考えられる硬毛化の場合、照射パワーを上げることで硬毛化を防げるケースもありますが、やみくもに照射出力を上げてしまうと、レーザーが肌に含まれるメラニン色素にも過剰に反応してしまい、炎症や火傷などのダメージを引き起こす可能性もあります。
脱毛リスクは、クリニック選びで変わります。これから医療脱毛をされる方は、事前にクリニックの実績やレーザー機種についても、注目してみてはいかがでしょうか。

硬毛化を起こしにくい脱毛器

メアリクリニックでも導入しているメディオスターNeXT PROは、産毛に多い硬毛化が起きにくい機種としても、注目を浴びています。

さらに従来の医療レーザーでは、照射時に熱が瞬時に伝わるショット式のレーザーが多かったのですが、メディオスターNeXT PROは、発毛因子があるバルジ領域へ熱を少しずつ蓄積していくことで、発毛因子を破壊するメカニズムを持っています。そのため熱も十分に伝わりやすく、熱量不足で起こりやすい硬毛化対策として有効的だと言われる理由の一つです。

またメアリクリニックでは、部位によって医療レーザー機器を複数使い分けることで、よりスピーディーで効果的な脱毛を実現しています。

経験豊富な施術スタッフが、患者様の肌質・毛質、施術部位によって照射パワーや、レーザーのあて方を細かく調整することで硬毛化だけではなく、脱毛で発生しうるリスクを抑えるよう配慮しております。(※患者様から使用機種の指定は出来ません。)

万が一、硬毛化をしてしまった場合も、症状を見ながら継続して照射を続けることで、改善していきます。

医療脱毛をしたいけど、リスクが不安で迷われている方は、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください


アクセス

メアリクリニック

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階

横浜駅きた西口より徒歩3分