脱毛すると脇汗が増える?

脱毛と脇汗の関係についてメアリクリニック横浜が解説!

「脱毛したら脇汗が増えた」という声がインターネットにはよくありますよね。
脇脱毛したいと思っていても、脇汗のことが気になって脱毛に踏み出せないという方もいるかもしれません。

結論から言うと、脱毛と脇汗は関係ありません。脱毛のレーザーは汗腺には作用しないからです。
ではなぜ脇汗が増えたと感じる人が多いのでしょうか?

ここでは脇脱毛後に脇汗が増えたと感じる理由や、脇汗が気になる場合の対策方法などについてご紹介します。

脇脱毛後に脇汗は増えない!なぜそう感じるの?

脇に意識が集中している精神的な問題

精神的発汗が原因

脇脱毛後に脇汗が増えたように感じる原因のひとつが、脇に意識を集中させてしまうという精神的な問題です。
脇脱毛して脇がきれいになると、どうしても意識が脇へと向きやすくなります。
そうすると、本当は汗の量がいつもと変わっていなくても、増えたように感じやすくなります。

また、脇汗のことを気にしすぎると、それがストレスとなり、汗の量が増えることがあります。
このような精神的ストレスがもたらす発汗を、「精神的発汗」と呼びます。
精神的発汗を治す一番の方法は、汗を気にしすぎないことです。
しばらくしても治らない場合は、クリニックなどでメンタル的なケアを行うことをおすすめします。


脇のムダ毛がなくなったことで汗が流れやすくなる

ムダ毛がなくなったことが原因

脇脱毛後に脇汗が増えたように感じるもうひとつの原因は、脇のムダ毛がなくなったことで汗が流れやすくなることです。
通常脇からの汗は脇の毛を伝い、毛の一部に汗が吸収されます。
脇脱毛すると、脇の毛が完全になくなるため、ダイレクトに汗を感じるようになります。
そのため、普段と変わらない汗の量でも汗が肌に伝っているように感じ、量が多くなったと錯覚するのです。

服にシミができてしまうのも、脇の毛がなくなるせいで、汗をキャッチする障害物がなくなるからです。
服にできたシミの量が多くなったことで脇汗の量が増えたと錯覚しますが、実際に汗の量が増えているわけではありません。

脇汗の臭いやシミが気になる理由

そもそも脇汗が出る仕組みとは?

脇汗が出る仕組みとは?

身体の汗は、「汗腺」という汗を分泌する器官から出てきます。
汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、特徴や性質はそれぞれ異なります。

エクリン腺は体全体に分布していて、体温調節を行う役割があります。ここから出る汗の大半は水分なので、無色無臭なのが特徴です。
一方、アポクリン腺は脇の下や陰部、乳輪周りなど、体の中の特定の部位にしかありません。ここから出る汗は白く濁っていて、たんぱく質や脂質を含んでいるのが特徴です。

汗をかく要因には、体温調節を行うための「温熱性発汗」と、ストレスや緊張といった精神的な刺激が原因となる「精神的発汗」があります。
このうち、温熱性発汗の機能を果たすのはエクリン腺のみです。一方、精神的発汗はエクリン腺、アポクリン腺の両方で起こります。
脇はエクリン腺とアポクリン腺が共存しているため、温熱性発汗と精神性発汗が両方起こる特殊な場所だといえます。


脇汗は臭いやすい

脇汗は臭いやすい

汗をかくと嫌な臭いがすると思われがちですが、じつは汗そのものから嫌な臭いが発生しているわけではありません。

本来エクリン腺から出る汗は無臭で、臭いの原因となるような物質はほとんど含まれていません。
ですが、汗が皮膚の表面で垢や皮脂と混ざり、皮膚の常在菌がそれを分解することで嫌な臭いが発生します。汗特有のすっぱい臭いや雑巾のような臭いは、エクリン腺から出た汗そのものではなく、細菌がつくり出していたのです。

また、脇汗の嫌な臭いの代表といえば「わきが」ですが、わきが臭はアポクリン腺から出る汗が元となって発生します。
アポクリン腺から出る汗にはたんぱく質や脂質、アンモニアなどが豊富に含まれているため、皮膚の常在菌が発生しやすく、それが皮脂と交じるとわきが臭になるのです。

気になる脇汗への対策方法

脱毛と脇汗には関係がないとはいえ、脇汗は気になりますよね。
ここでは具体的な対策方法についてご紹介します。

こまめに汗拭きシートなどで拭き取る

これまで見てきたように、汗自体に臭いはありません。
臭いが発生するのは、汗を放置することで皮膚の常在菌が増殖するからです。
汗が気になった時はティッシュや汗拭きシートなどでこまめに拭き取るだけで、臭いの大半は防ぐことができるでしょう。


制汗剤を使用する

脇汗対策の代表例といえば、制汗剤の使用です。
制汗剤の殺菌成分が皮膚の常在菌を殺菌し、気になる脇の臭いを抑えてくれます。
制汗剤にはいろいろな種類があり、それぞれ異なる特徴があります。スプレータイプは冷却の役割があるものの、持続力がないのが難点です。クリームやロールオンタイプなど、肌への密着性が高いものは持続性があるため、おすすめです。


脇の下を冷やす

脇汗が止まらないときは、保冷剤をタオルにくるんで脇を冷やすとよいでしょう。
このとき、保冷剤を直接肌にあてると凍傷する恐れがあるため、必ずタオルなどにくるむようにしてください。
また、脇の下でなく、手首や膝の裏などを冷やすことも有効です。血管と皮膚が近い場所を冷やすことで、効果的に体温を冷やすことができます。


脇汗パッドを使用する

服への汗染みが気になるときは、脇汗パッドの使用がおすすめです。脇汗パッドには、貼るタイプのものから下着と一体化しているものもあります。
上手く貼らないと染みてしまう場合があるため、商品の説明書をよく読んで正しく使用しましょう。


ボトックス注射やミラドライによる多汗症治療

上記の方法を試してみても、どうしても脇汗を抑えられない場合は、最終的な解決方法として、「ボトックス注射」や「ミラドライ治療」などの多汗症の専門治療が有効です。

ボトックス注射とは、脇にボトックスという薬剤を注射する治療法のことです。脇下の数か所にボトックスを打つだけで、汗腺の活動を抑制させることができます。ただし効果は3か月~半年のため、定期的な注射が必要になります。

ミラドライとは、マイクロウェーブという電磁波を脇にあてることで汗腺を破壊する治療です。効果は半永久的ですが、治療直後は痛みや腫れなどを感じることがあるため、専門医でしっかりカウンセリングを受けることが必要です。

脱毛と脇汗の関係についてよくあるご質問

Q脱毛は多汗症になる危険性はありますか?

A 脱毛用レーザーが汗腺に影響を与えることはありません。

医療レーザー脱毛で汗腺が増えたり、活性化することはありません。つまり、脱毛が原因で多汗症になることはないのです。
多汗症とは、異常な量の汗をかく症状のことです。その原因はまだはっきりとは解明されていませんが、多くは精神的発汗であると考えられています。精神的なストレスで自律神経が乱れると、発汗が多くなる場合があります。
ご自身が多汗症なのではないかと気になる場合は、専門の医療機関を受診することをおすすめします。


Q脱毛で脇の臭いは改善しますか?

A 改善することはあります。だたし、脱毛はわきがの治療にはなりません。

脇の嫌な臭いは汗そのものではなく、毛穴に詰まった角質や皮脂が時間とともに酸化することで発生します。
脇脱毛によって毛穴が引き締まると角質が溜まりにくくなり、結果として臭いが減少したり、脇汗による服の黄ばみが少なくなったりします。

一方わきが臭は、アポクリン汗腺から出た汗が、常在菌によって分解された際に発生する臭いです。そのため、わきがを治療するためにはアポクリン汗腺にダメージを与える必要があるのですが、脱毛用レーザーでは汗腺に影響を与えることができません。
したがって、アポクリン汗腺に影響しない脱毛では、わきがの根本的な治療はできないということになります。

メアリクリニック横浜で
脇脱毛しませんか?

ここまで脇汗と脱毛には関係がないことを述べてきました。
それどころか、脇脱毛すると、今までより脇の臭いが気にならなくなったという人も多いです。脇脱毛することで脇の下の衛生面が改善し、夏でも気持ちよく過ごすことができます。
心配されるようなデメリットはないため、脇脱毛をぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

メアリクリニック横浜では、無料でカウンセリングを行っています。
脇脱毛や医療脱毛についてわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

こちらのコラムもおすすめです

お気軽にお問い合わせください


アクセス

メアリクリニック

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階

横浜駅きた西口より徒歩3分