医療レーザー脱毛のリスクについて

医療レーザー脱毛と言えば、「医療機関で受けるから、安全そう!」とイメージなさる方が多いでしょう。
確かに、医療レーザー脱毛は医師の監督のもとで行う脱毛であるため、安全な環境で効果が高い機器を使用した脱毛ができます。
しかし、安全な医療レーザー脱毛とはいえ、副作用のリスクをゼロにすることはできません。

メアリクリニック横浜は、起こり得る副作用について正しくご理解いただいたうえで医療レーザー脱毛をご検討いただきたいと願っています。

医療レーザー脱毛の副作用

医療レーザー脱毛は、安全に永久脱毛効果が得られる脱毛方法である一方で、副作用があるのも確かです。
まずは、主な医療レーザー脱毛の副作用についてご説明いたします。


ヤケド

レーザーが過剰に反応するとヤケドが起きることもある

医療レーザー脱毛は、熱エネルギーにより毛を生やす組織を破壊することで、永久脱毛効果をもたらします。
この熱エネルギーが肌をヤケドさせてしまう原因です。

脱毛に使用するレーザーは、黒い色に反応することで熱エネルギーを生み出します。
そのため、基本的にはレーザーは毛にのみ反応し、周りの皮膚には直接的な熱ダメージを与えることはありません。
ただし、毛で発生した熱はどうしても周りの肌にも多少伝わりますから、これがヤケドに繋がるのです。
また、肌にメラニンが多く含まれている場合は、肌に直接レーザーが反応することでヤケドを引き起こしてしまいます。

ヤケドは副作用の中でも比較的起こりやすいものです。
ただし、「ヤケド」とは言ってもほとんどは肌に軽い赤みが生じる程度です。
この場合、数時間~数日で落ち着きますので、ご心配には及びません。


毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎の原因はブドウ球菌

毛嚢炎(もうのうえん)は、毛穴の中にブドウ球菌という細菌が侵入することにより生じる炎症です。
見た目がニキビと似ているため混同しがちですが、患部の中心に芯がないなど、厳密には異なる症状です。

医療レーザー脱毛の施術直後は、レーザーの刺激により肌を外的刺激から守るバリア機能が一時的に弱まります。
そのため、ブドウ球菌などの細菌が肌内部に侵入しやすい状態になってしまうのです。

皮脂の分泌が多い背中や顔は、特に毛嚢炎が起こりやすい部位です。
しかし、刺激などを加えずに放置しておけば、自然治癒で治ることがほとんど。
症状が落ち着かないのであれば、医師の診察を受けることをおすすめします。


硬毛化(増毛化)

硬毛化(増毛化)により毛そのものが増えることはない!

硬毛化(増毛化)は、脱毛したはずの毛が太く濃くなってしまう副作用です。
産毛をはじめとした細い毛を脱毛した際に起こりやすく、特に背中の毛は硬毛化になりやすいと言えます。

硬毛化は、レーザーで毛を生やす組織をしっかりと破壊できなかった場合に一定の確率で起こります。
毛に十分な熱エネルギーが伝わらずに組織を完全に破壊できなかった場合、通常であれば、組織がダメージを負ったことにより一時的に毛が生えにくくなります。
しかしながら、ダメージで弱るはずの毛を生やす組織が、逆に熱刺激で活性化してしまうケースがまれにあるのです。
そのメカニズムは、はっきりとは解明されていません。

硬毛化が目に見えて分かるようになるのは、施術から1ヶ月~3ヶ月ほど経った頃です。
たとえ硬毛化が起こったとしても、改めてレーザーを当てれば通常通り脱毛することができますのでご安心ください。

硬毛化・増毛化についてもっと詳しく

医療レーザー脱毛は、光脱毛より硬毛化が起こりにくい

先ほども述べたように、硬毛化は毛を生やす組織をしっかりと破壊できなかった場合に起こります。
医療レーザー脱毛は、強力な熱エネルギーで組織を破壊する脱毛方法であることから、硬毛化は比較的起こりにくいと言えます。

一方で、主にエステやサロンが取り扱っている「光(IPL)脱毛」やご自身で手軽に使用できる「家庭用脱毛器」は、弱い熱エネルギーで組織にダメージを与えることにより、毛が生えるスピードを遅くする脱毛方法です。
つまり、光脱毛や家庭用脱毛器は、そもそも組織を破壊できないため硬毛化が起こりやすいということです。

なお、毛を生やす組織を破壊する脱毛方法は医療機関でしか行えないため「医療脱毛」とひとくくりにされがちです。
ただし、厳密には医療機関で行う脱毛全般を医療脱毛と言いますので、医療機関で行われる光脱毛も医療脱毛と呼ばれます。
医療機関で行う脱毛でも、光脱毛の場合はエステやサロンと同様に硬毛化のリスクが高いという点だけ、ご理解いただければと思います。

医療レーザー脱毛のリスクを防ぐ方法は?

ここまでご紹介してきたように、医療レーザー脱毛にリスクがあるのは事実です。
「これらのリスクが起こらないように脱毛したい!」と強く思うでしょうが、冒頭でも述べた通り、残念ながらリスクを完全に防ぐことはできません。

ただし、リスクを完全に防ぐことは難しくても発生する確率を下げることはできます。


肌質・毛質に合わせた脱毛施術

肌の炎症や硬毛化を起こさないためには、脱毛機選びが大切

脱毛におけるリスクを回避することはとても重要ですが、そればかりに意識が向いてしまい効果が二の次になっては元も子もありません。
リスクが起こらないように配慮しつつ高い効果を得るには、肌質・毛質に合わせた脱毛施術が大切です。

医療レーザー脱毛機は、機種ごとに肌質・毛質の得意・不得意が異なります。
そのため、肌質・毛質に合わせた脱毛施術を受けるには、脱毛機の特徴を十分に理解したうえでご自身に最適な機種を選ぶ必要があります。
とはいえ、医療レーザー脱毛機は立派な医療機器ですので、ご自身にどの脱毛機が最適であるのかを見極めるのは難しいでしょう。

リスク・効果への不安を減らして脱毛を始めるためにも、脱毛機は診察のうえ専門家である医師に選定してもらうことがベストだと言えます。


産毛などの薄い毛にも対応できる脱毛機の使用

硬毛化が起こりにくい脱毛機「メディオスターNeXT PRO」

産毛にも対応できる脱毛機の使用は、特に硬毛化のリスクを抑えるのにおすすめです。

先ほど解説したように、硬毛化は毛に熱エネルギーが十分に伝わらず、組織を破壊できなかった場合に起こります。
色が薄い産毛は、濃い毛と比べるとレーザーが反応しにくいため、組織をきちんと破壊しきるほどの熱エネルギーが伝わりにくく、硬毛化も起きやすいのです。

医療レーザー脱毛機の中には、産毛に対応した機器もあります。
その中で「蓄熱式」というタイプの特殊な脱毛機器は、弱いレーザーをじわじわと当てることで産毛にも十分な熱を伝え、毛を生やす組織を効果的に破壊できる機器です。該当する機種のひとつとして、メアリクリニック横浜でも導入している「メディオスターNeXT PRO」が挙げられます。

メディオスターNeXT PROのような薄く細い毛にも対応できる脱毛機を導入しているクリニックを選ぶことは、硬毛化に対する不安の軽減に繋がります。


脱毛前後のスキンケア

ここまでご紹介した2つに関しては、クリニック選びの際にお役立ていただければと存じます。
これからご紹介する脱毛前後のスキンケアは、ヤケドや毛嚢炎などの予防としてご自身で気軽に実践いただける方法です。

日焼け対策

脱毛前の日焼け対策は痛みの軽減にも繋がる

脱毛期間中は、日焼け止めを塗る、日傘をさすなどの日焼け対策を心がけましょう。
なぜなら、レーザーは黒い色に反応するため、日焼け肌に照射すると過剰に反応してしまいヤケドを起こしてしまうリスクがあるからです。

肌が黒くなっていない場合でも、日焼けによる炎症が残った状態の肌にレーザーを当てると、これも肌が過剰に反応してヤケドの原因となります。
一見すると変化がないようにみえても、肌の奥が炎症を起こしている「隠れ日焼け」もありますからご注意くださいね。

なお、「日焼け」というと夏をイメージしがちですが、原因となる紫外線は年中肌に刺激を与えます。
日焼け対策は季節を問わずにきちんと行いましょう

保湿ケア

保湿ケアはヤケドだけでなく、痛みやダメージ対策にもなる

保湿は、手軽にできるスキンケアの中でも、特に大切です。

肌が乾燥していると、レーザーによる熱エネルギーが本来よりも伝わりやすくなってしまいます。
このような状態で脱毛施術を行うと、肌にヤケドや痛みが生じるリスクが高くなってしまうのです。
そのため、脱毛の施術前は念入りに保湿ケアをしておくと安心です。

肌が乾燥している状態は、ヤケドだけでなく様々な肌トラブルが起こりやすくなります。
大切なお肌を健やかに保つためにも、保湿ケアは日常的に心がけましょう。

肌を清潔に保つ

毛嚢炎を予防するためにも肌は常に清潔にしておく

毛嚢炎は、脱毛後の敏感な肌へブドウ球菌などの細菌が侵入することにより生じます。
脱毛の直後は一時的に肌が敏感な状態になるため、そのぶんブドウ球菌に感染しやすい状態です。
そのため、施術後は普段以上に肌を清潔に保つように心がけましょう。

特に毛嚢炎ができやすい背中や顔は、シャンプーやリンス、メイクなどをしっかりと洗い流してくださいね。
さらに、汗をかいたらこまめに拭き取ったり着替えたりするなど、普段のちょっとした意識改善も大切です。

メアリクリニック横浜は、
リスクを最小限に抑えた脱毛をお届けします

医療レーザー脱毛のリスクは、工夫次第で起こる確率を下げることができます。

メアリクリニック横浜では、得意・不得意がまったく異なる複数の脱毛機をご用意することで、医師がお一人おひとりの肌質・毛質に最適な脱毛機をお選びします。
そして、十分な訓練を受けた施術者が肌質・毛質の特徴を捉えた細やかな照射を行うことで、リスクを最小限に抑えながら高い脱毛効果を目指します。

しかしながら、それでもご紹介してきたような副作用の症状は、一定の確率で発生します。
当院では、脱毛が原因でこれらのトラブルが起こった際には医師が迅速に対応いたします。
その際、診察料・お薬代は無料です。

当院では完全に防ぐことが難しいリスクだからこそ、できる限り起こさないための工夫と起きた場合のフォローを徹底しています。
メアリクリニック横浜は、「安心」第一の脱毛をお届けします。

こちらのコラムもおすすめです

皆様からのご予約・お問い合わせをお待ちしております


メアリクリニック横浜へのアクセス

メアリクリニック横浜

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階
横浜駅きた西口より徒歩3分

メアリクリニック横浜の院内写真

メアリ横浜の詳しいアクセス情報はこちら
名古屋・栄のメアリクリニックへのアクセスはこちら