医療脱毛のリスクについて

今では“女性のたしなみ”といわれるほどポピュラーになった医療脱毛。以前に比べて価格がリーズナブルになったこともり、学生、社会人や主婦と幅広い年代の方が施術を受けています。
興味はあるけれど、なかなか一歩が踏み出せないという方の中には、「お肌に悪くないの?」「ヤケドは大丈夫?」といった不安を抱いている方もいるのでは?
そこで、本コラムでは医療脱毛のリスクについて解説します。そして、リスクを減らすためにはクリニック選びも重要。そちらもあわせてご紹介します。

医療脱毛の、お肌への負担
(副作用)について

医療脱毛は安全・確実に“永久脱毛効果”が得られると広く支持をされています。
しかし、ごくまれに肌トラブルが起こることがあるのも事実。
実際に、お肌にどのような負担があり、どのようなことを注意すべきかご説明します。


レーザー脱毛のヤケドについて

レーザー脱毛のヤケドについて

医療脱毛は肌にレーザーを照射するわけですから、ヤケドが気になるのは当然のこと。でも実際は、あまり心配する必要はありません。
それは、医師が患者さま一人ひとりのお肌をチェックし、毛質・肌質、お肌の状態などにあわせてレーザーの出力を調整したうえで医療脱毛するからです。
また、同じ患者さまでも体調や季節によってもお肌の状態は変わります。メアリクリニックでは、それらの変化を毎回しっかり確認。その時々の状態にあった出力で施術することで、ヤケドや肌トラブルリスクを最小限に留めるよう努力しています。

万が一、トラブルが出た場合も、しっかりお薬を処方して対応させていただきます。


医療脱毛は、シミや湿疹が残ることはあるの?

医療脱毛は、シミや湿疹が残ることはあるの?

医療脱毛でせっかくムダ毛がなくなったのに、シミやそばかすなどができてしまっては悲しいですよね……。
でも、もしシミや湿疹が残ってしまったとしたら、それはレーザーによるものというより、照射後のケアに原因があるかもしれません。

レーザー照射後は一時的にお肌のバリア機能が低下するので、ケアを怠ると赤みや湿疹などの肌トラブルが起きるリスクがあります。
特に、日焼けには要注意!強い紫外線を浴びるとお肌が炎症や色素沈着を起こしてしまうのです。


トラブルを避けるために日焼け対策は万全に!

トラブルを避けるために日焼け対策は万全に!

医療脱毛後はお肌が敏感になっているため、特に日焼け対策が重要です。
肌を露出しすぎない、日焼け止めを塗る、日傘をさすなど、いつも以上に日焼けに注意してください。
紫外線というと夏のイメージですが、冬でも紫外線はそそいでいますから、季節を問わず、しっかりとした対策が必要です。

医療脱毛に
適さない人はいる?

安全・確実に“永久脱毛効果”が得られる医療脱毛。施術を受ける方は年代を問わず増えています。
しかし、残念なことにレーザー脱毛が適さないケースもありますので、ここでご紹介します。


妊娠・授乳中でも医療脱毛なら施術できる?

妊娠・授乳中でも医療脱毛なら施術できる?

医療レーザーが胎児や母体に直接影響を及ぼすことはありませんが、妊娠中のレーザー照射は避けたほうがよいでしょう。

妊娠中はホルモンバランスが変化し、肌が敏感になったり、毛周期が乱れたり、医療脱毛を続けても効果が得られにくくなります。
ほかにも、体調が変化しやすい、お肌に炎症がおきた場合に使える薬に制約がある、レーザー照射時の痛みや冷却がストレスになるなどのマイナス面があります。母体への負担という面からも妊娠中のレーザー照射は避けるのが無難です。

授乳中も同様です。母乳自体に影響はありませんが、やはりホルモンバランスが安定していませのでおすすめできません。


日焼け肌で医療脱毛を受けたらどうなるの?

日焼け肌で医療脱毛を受けたらどうなるの?

医療脱毛に使われる脱毛機は、毛に含まれる黒色メラニンに反応し、熱エネルギーによって毛をつくる細胞を破壊します。
日焼けをするとお肌のメラニン色素の量が増えるため、レーザー照射時に痛みが強くなり、ヤケドのリスクも高まります。


生理中でも医療脱毛できるの?

生理中でも医療脱毛できるの?

レーザーが生理中の身体に直接影響を及ぼすことはないので医療脱毛は可能です。
しかし、生理中は肌が敏感になっているので、いつもより痛みを感じやすく、肌トラブルもおこりがち。さらにホルモンバランスの乱れによって毛周期が変化し、脱毛効果が得られにくい場合があることは知っておいたほうがよいでしょう。
メアリクリニックでも生理中の医療脱毛はできますが、不安がある場合はお気軽にご相談ください。

医療脱毛クリニックを選ぶ
3つのポイント

数あるクリニックの中から自分にあった医療脱毛クリニックを探すのは難しいと思います。
「金額」「自宅や職場から近いところ」「導入されている脱毛機の種類」など選択条件はいろいろありますが、クリニック選びの3つのポイントをご紹介します。


ポイント1
きちんと相談することが出来る

ポイント1:きちんと相談することが出来る

「痛みはどれくらいなんだろう」「どれくらい期間がかかるんだろう」「クリニックの雰囲気はどうなんだろう」「いくらかかるんだろう」など、医療脱毛をはじめる前は不安でいっぱいだと思います。
一般的になってきましたが、永久脱毛はとてもデリケートなことだけに、親身に話を聞き、丁寧な説明で不安を取り除いてくれるクリニックを選ぶのもポイントです。


ポイント2
デメリットの説明もしてくれる

ポイント2:デメリットの説明もしてくれる

さまざまな情報であふれかえっている今の時代、患者さま自身が情報を集めることは可能です。でも、それらが全て正しいとは限らないので、やはり確かな知識に基づいた説明が大切です。

医療脱毛は安全性の高い施術ですが、それでもリスクは“ゼロ”ではありません。
万が一のケースだとしても、その方にとってどのようなリスクやデメリットがあるかをきちんと説明してくれるクリニックを選ぶのもポイントです。


ポイント3
アフターケアの説明がきちんとしている

ポイント3:アフターケアの説明がきちんとしている

医療脱毛は、1回のレーザー照射では終わりません。患者さまの状態や部位にもよりますが、複数回行う方がほとんどです。
その間、できるだけ肌トラブルを起こさず、脱毛効果をアップさせるために重要なのがアフターケアです。
レーザーを照射して「はい、終了」ではなく、当日のケア、数日後までのケア、そして医療脱毛期間中に気をつけることなど、丁寧に説明してくれるクリニック選びもポイントです。

医療脱毛は
メアリクリニックで!

医療レーザー脱毛には、少なからずリスクが伴いますが、適切に対処・対応をすれば、極力トラブルやリスクを避けることができます

そのためにもクリニック選びが重要です。ポイントはご紹介したとおりですが、とはいえ、ムダ毛のお悩みはとてもデリケート。誰にでも気軽に話せるものではないと思います。
女性専用クリニックのメアリクリニックは照射するスタッフはすべて女性なので、気持ちがとてもよくわかり、お悩みに優しく寄り添うことができます

技術面においても、特徴の異なる2種類の医療脱毛機を導入し、部位や患者さまの状態によって使い分け、より確実で効率よい脱毛を心がけています

無理な勧誘はしませんし、後から追加料金を請求することもありません。カウンセリングだけの予約もOKなので、ぜひ一度ご相談ください。

お気軽にお問い合わせください


アクセス

メアリクリニック

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階

横浜駅きた西口より徒歩3分