ピルを服用していても脱毛できる?

ピルを服用していても脱毛できる?

ピルは「避妊」や「月経不順改善」「生理日の調整」など、女性の生活の様々な目的のために使用されている薬です。
しかし、エステや脱毛サロンの中には【ピルを服用している方は脱毛は不可】とお断りするところもあります。
脱毛のためにピルの服用を中止して、施術を受けるケースも耳にします。

しかし、目的があってピルを服用しているにも関わらず、中止しなければならないとなっては、何かと不便も生じてしまいますよね。
特に生理不順や婦人科系疾患の治療の一環としてピルを服用している場合、日常生活に大きく影響するため、服用の中止自体が難しいこともあるでしょう。

では、クリニックで行う医療脱毛では、「脱毛中のピルの服用」はどのように考えられているのでしょうか。

メアリクリニックでは
ピルを服用中でも脱毛可能!

結論としては、医療機関ならば、基本的にはピルを服用していても脱毛が可能です。
反対に脱毛サロンやエステでは、ピルだけでなく他の薬も、服用中は脱毛ができないケースがあります。

両者の違いは、「医師の有無」です。
医師や看護師が常駐しているクリニックでの脱毛ならば、ピルを始め薬品に関する知識があるため、脱毛に影響がないか正しい判断をすることができます。
医師がいない脱毛サロンやエステでは、万が一のことがあった際に対処ができないため、脱毛をお断りしていることが多いのです。


服用中の薬がある場合は?

脱毛で服用中の薬がある場合は?

薬の中には、脱毛による肌トラブルを起きやすくするものもあります。
そのため、ピルも含めて服用中の薬がある場合は、必ず事前にお伝えください。

これは「薬を服用していたら絶対に脱毛不可!」ということではありません。
メアリクリニック横浜では、できる限り多くの方に「永久脱毛でつるすべの肌を手に入れていただきたい」と考えています。
薬を服用している方の脱毛や、肌トラブル・持病がある場合も、脱毛レーザーの種類や設定を細かく調整することで、できる限り対応を行っています。
安全に脱毛を受けていただくためにも、事前の申告にご協力をお願いいたします。

メアリクリニック横浜の受付やカウンセリング、施術を担当するのは女性のみです。
ピルについても理解があるため、安心してお話しいただける環境を整えております。
また、当院の無料カウンセリングには、医師による診察も含まれます。お身体の状態や現在服用中の薬についても、お気軽にご相談くださいね。

ピルは脱毛に
悪影響はないの?

安全性も高く、女性のあらゆるお悩みを解決に導くピルですが、一方で日本では「避妊薬」のイメージが未だに強く、ピルに対して間違った噂や誤解も多いもの。
脱毛に関わる点でも様々な説があり、ご不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そもそもピルとは?

そもそもピルとは?

ピルとは、避妊を目的とする「経口避妊薬」の通称のこと。
医師の処方が必要な飲み薬です。
ピルには女性ホルモンと同等な成分が含まれているため、服用することで血中のホルモンが増え、妊娠につながらないよう体が働くというのが、そもそものメカニズムになります。

しかしホルモン量が多いと副作用のリスクも懸念されることから、近年では配合されるホルモン量の少ない「低用量ピル」という種類が、高い安全性や避妊だけではない多くの効果が期待できるとして主流となっています。

【服用例】
・避妊
・月経(生理)不順の改善
・月経困難症の軽減
・婦人科系疾患の治療   など


ピルは脱毛効果を弱める?

ピルは脱毛効果を弱める?

ピルには女性ホルモンが含まれているため、「ムダ毛の成長が促進される」という話があります。
関連して「ピルを飲んでいると脱毛効果が薄れる」という噂もありますが、これは両方とも間違いです。

確かに女性ホルモンには、毛周期と呼ばれる体毛が生えるサイクルを正常に働かせる作用を持っています。
しかし、いくらピルに女性ホルモン成分が含まれているとはいえ、一般的に処方されている低用量ピルは自然なホルモンバランスに整うことを目的に作られているため、過剰な量ではありません。
したがって、育毛・増毛を促す効果はなく、脱毛効果を邪魔することもないのです。

ただし、中用量・高用量のピルは、ホルモンバランスを大きく変化させる効果があるため、脱毛を受けるには注意が必要です。
自分がどんな種類のピルを飲んでいるかは、脱毛を受けるクリニックにきちんと申告しましょう。


ピルは増毛化・硬毛化させる効果がある?

ピルは増毛化・硬毛化させる効果がある?

上記でご紹介した通り、一般的な低用量ピルには、増毛や育毛の効果はありません。
まれに、ピルによってホルモンバランスが変化し、産毛が濃くなる(薄くなる)といった症状が現れる場合がありますが、ふさふさしたり全くつるつるになったりしてしまうことはありません。
よって、ピルによる増毛化の心配はありません。

脱毛後に逆に毛が太く濃くなったように見える硬毛化は、むしろ医療レーザー脱毛のリスクの一つです。
ピルの服用に関係なく起きる可能性はありますが、対処をきちんと行えるクリニックなら、再照射で硬毛化した毛もしっかり脱毛することができます。

メアリクリニック横浜では、万が一硬毛化が起きてしまっても、脱毛機の調整を行って再度照射を行いますので、見つけた段階でお早めにご連絡ください。


ピルの服用中の脱毛は色素沈着するって本当?

ピルの服用中の脱毛は色素沈着するって本当?

ピルによるホルモンバランスの変化は、まれに色素沈着や肝斑などのシミを悪化させることがあります。

また、医療レーザー脱毛にも色素沈着のリスクがあります。
レーザーを受けると、肌はバリア機能が弱まった状態になるため、脱毛後に適切なアフターケアを行わないと、色素沈着を起こす可能性があります。

つまり、「ピルを服用中に脱毛したから色素沈着をする」ということではなく、「ピルにも脱毛にも色素沈着のリスクがあるため、やや色素沈着する可能性が高くなる」というのが正しいでしょう。
先ほども申し上げたように、正しいアフターケアを行えば、色素沈着も一時的なもので治まりますので、ご安心ください。

ピルなど服薬中の脱毛も
ご相談ください

ピルは、継続して飲み続けることで効果をもたらします。
脱毛のためだけに中止してしまうのは、健康のためにも過ごしやすい生活のためにも悪影響です。

ピルが女性の強い味方であるのと同じように、メアリクリニックもキレイになりたい女性の味方です。
ピルに関する正しい知識のもと、服用している方でも安全に脱毛ができるように、あらゆる面で配慮を行っています。
何か気になることやご不安な点がございましたら、女性看護師やスタッフに遠慮なくご質問くださいね。

こちらのコラムもおすすめです

皆様からのご予約・お問い合わせをお待ちしております


メアリクリニック横浜へのアクセス

メアリクリニック横浜

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階
横浜駅きた西口より徒歩3分

メアリクリニック横浜の院内写真

メアリ横浜の詳しいアクセス情報はこちら
名古屋・栄のメアリクリニックへのアクセスはこちら