医療脱毛の効果が表れない可能性

医療脱毛でも、特定の条件下だと高い効果を発揮できない

「医療脱毛は効果が高い」と耳にする機会は多いでしょう。
ところが、医療脱毛を受けたのに期待するほどの効果が表れなかった……と肩を落とす方もいらっしゃいます。

実際のところ、条件によっては医療脱毛でも高い効果を得られない場合があります。
また、脱毛施術そのものとは別のところに、効果を実感できない原因が潜んでいることもあるのです。

医療脱毛=永久脱毛とは限らない

医療脱毛は、医療機関で行われる脱毛全般を指します。

広告などには、「医療脱毛なら永久脱毛ができる!」というフレーズが溢れていますよね。
このような文言を目にすると、「医療脱毛=永久脱毛ってことかな?」と解釈してしまう方も少なくないでしょう。
しかし、実際には医療脱毛であれば必ず永久脱毛ができるわけではないのです。


永久脱毛でない医療脱毛とは?

医療脱毛であれば必ず永久脱毛ができるわけではない

永久脱毛とは、発毛に関わる組織(発毛組織)を破壊することで、半永久的に毛を生えなくする脱毛方法です。
組織の破壊は医療行為にあたるため、永久脱毛は医師が常駐している医療機関のみで行えます。
この事実が「医療脱毛=永久脱毛」という誤解を生んでいると言えるでしょう。

永久脱毛ができるか否かは、脱毛を行う場所では決まりません。
ポイントは、発毛組織を破壊できる脱毛方法を選択するかどうかです。
この組織を破壊できる施術には、「レーザー脱毛」と「ニードル(針)脱毛」が該当します。

つまり、たとえクリニックで脱毛をしても、組織を破壊できない光脱毛で施術を行った場合は、永久脱毛はできません。
「医療脱毛=レーザー脱毛またはニードル脱毛」というイメージがありますが、実際には、永久脱毛効果のない光脱毛による「医療脱毛」を提供しているクリニックも少なくないのです。

それぞれの脱毛方法について詳しくはこちら

脱毛効果が表れにくい条件

先ほどの解説のとおり、高い脱毛効果を求めるなら、レーザー脱毛またはニードル脱毛で施術を行う必要があります。
ただし、どちらの脱毛方法を選んだとしても、特定の条件に当てはまる場合は十分な脱毛効果を実感しにくいという点をご理解ください。

ここからは、メアリクリニック横浜が専門的に取り扱っている「医療レーザー脱毛」を中心に解説を進めます。


色素が薄い毛の脱毛

黒い色が薄い毛は、脱毛効果が表れづらい

脱毛機器のレーザーは、毛の黒い色に反応することで熱エネルギーを生み出す仕組みです。
この熱エネルギーが発毛組織をしっかりと破壊すると、持続的な脱毛効果を得ることができます。
そのため、産毛をはじめとする黒い色が少ない毛は、脱毛機器のレーザーが反応しづらいため、効果が表れにくいと言えるのです。

色素が薄い毛もきれいに脱毛するなら、産毛にも効果的に熱エネルギーを与える脱毛機器を導入しているクリニックを選ぶと安心です。

当院の脱毛機器で該当する機種はこちら

ただし、色素が全くない産毛の場合は、脱毛機器の種類を問わず脱毛することができません。予めご了承ください。


毛の生え変わりを無視した施術

脱毛施術は成長期の毛に対して行うと効果的

髪の毛が自然と抜け落ちるように、体毛は生えてから抜けるまでを繰り返しています。
これを、成長期・退行期・休止期の三段階から成る「毛周期」と言います。
また、髪の毛が抜けるタイミングはバラバラであることから、体毛1本1本の成長段階は異なり、肌の表面に伸びている毛は全体の一部だとイメージいただけるでしょう。

脱毛機器のレーザーは、仕組み上「成長期の毛」に最も高い効果を発揮します。
つまり、効果が高い脱毛をするには、成長期の段階にある毛ができるだけ多いタイミングに施術を行うことが大切なのです。

成長期の毛を脱毛すると、次に毛が生え揃うまで(つまりその時に休止期だった毛が成長期に入って生えてくるまで)には、約2~3か月かかります。
そのため、これより短い間隔で施術を受けても、「レーザーが効く毛がない」わけですから十分な脱毛効果を発揮できないのです。

毛周期について詳しくはこちら


毛抜きなどによる「剃毛」以外のムダ毛処理

メアリクリニック横浜は、肌への負担が少ない電気シェーバーによる自己処理をおすすめします

毛抜きやワックスなどによるムダ毛処理は、脱毛効果に悪影響を与えます。
これらの方法で毛を引き抜くと、毛穴の中に毛がない状態になります。
そうすると、レーザーを照射しても反応する黒い毛がありませんので、脱毛効果は表れません。

また、家庭用脱毛器も脱毛効果を低くする原因になります。
家庭用脱毛器は、発毛組織にダメージを与えることで毛を生えにくくしますので、毛周期を乱します。
つまり、成長期の毛が生えそろうタイミングを見極めづらくなり、高い効果を得ることが難しくなってしまうのです。

十分な脱毛効果を得るためにも、脱毛期間中の自己処理はカミソリや電気シェーバーによる「剃毛」で行いましょう。

「脱毛効果がない」と誤解しやすいケース

ここまでは、実際に脱毛効果が表れにくい条件について解説いたしました。
ここから先では、脱毛効果の高い低いではなく「脱毛効果がないと勘違いしてしまうケース」をご紹介いたします。


施術回数が足りない

メアリクリニック横浜でも導入している「ジェントルレーズPro」には、即効性がある

こちらも先ほどの毛周期の話と繋がりますが、脱毛は1回の施術だけでは終わりません。
成長期の毛の割合は、全体の約20%です。
つまり、全ての毛に十分な脱毛効果を与えるには、少なくとも5回の施術を行う必要があるのです。

脱毛機器の中には、即効性がある機種もあります。
このような機種で脱毛をすると、施術から数日~1ヶ月ほどはムダ毛が目立たないつるつるな肌を実感できます。
しかし、毛周期の関係で次の成長期の毛が生え始めると、「あれ、脱毛の効果が低いのかな?」と心配になってしまうというわけです。

なお、部位により効果を実感するまでに必要な施術回数の目安は異なります。

部位ごとの脱毛回数について
詳しくはこちら


効果が表れるまでに時間がかかる脱毛機器の使用

医療レーザー脱毛機器は、即効性がある「ショット式」と目に見える効果が表れるまでに時間がかかる「蓄熱式」の2種類に分けられます。
どちらも、新しい体毛を作るには必須となる組織を破壊するため、最終的な脱毛効果は同じです。

ショット式の脱毛機器は、3種類の発毛組織を破壊する

ショット式は、毛と皮膚が繋がっている毛穴の底までレーザーが届きます。
この結合部はレーザーにより焼き切られるため、施術から数日経つと毛がぽろぽろと抜け落ちます。

蓄熱式の脱毛機器は1種類の発毛組織しか破壊しないが、色黒肌や産毛にも効果が期待できる

一方、蓄熱式はレーザーが毛穴の底の結合部まで届きません。
そのため、施術時点で生えている毛に関しては、自然に抜け落ちるのを待つ必要があります。

このことから、蓄熱式を使用すると、脱毛効果を実感できるまでに施術から約1ヶ月ほどかかってしまうのです。

ショット式と蓄熱式の違いについて
詳しくはこちら

効果が高い医療脱毛なら、
メアリクリニック横浜にお任せください

医療脱毛で高い効果を発揮するには、脱毛方法や施術そのものなどへの理解を深めたうえで、脱毛をスタートしなければなりません。

メアリクリニック横浜は、医療レーザー脱毛専門のクリニックです。
当院では、脱毛効果と安全性が厚生労働省などの国家機関に認められている脱毛機器のみを複数導入しております。
スタッフがこれらの脱毛機器をお一人おひとりの肌質・毛質に合わせて使い分けることで、効果が高い脱毛施術のご提供を目指します。

脱毛の効果に対して不安がある方や以前脱毛を受けたものの十分な効果を実感できなかった方は、ぜひメアリクリニック横浜にご相談ください。

こちらのコラムもおすすめです

皆様からのご予約・お問い合わせをお待ちしております


メアリクリニック横浜へのアクセス

メアリクリニック横浜

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階
横浜駅きた西口より徒歩3分

メアリクリニック横浜の院内写真

メアリ横浜の詳しいアクセス情報はこちら
名古屋・栄のメアリクリニックへのアクセスはこちら