脱毛は産毛にも効果はある?

脱毛は産毛にも効果がある?

産毛とは、柔らかく薄い毛のことです。人によって産毛の濃さは異なるため、今まで気にしたことがなかったという方もいれば、産毛の濃さに悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

主に、顔・うなじ・背中・胸やお腹・おしり・手足の甲に生えていて、同じ体毛でも脇の毛などと比べるとその違いは分かりやすく、遠目で目立つ毛ではありません。
そんな目につかない産毛でも、脱毛すると多くのメリットがあります。

しかし、産毛は一般的に、サロン脱毛でも医療脱毛でも効果が出にくいと言われています。

産毛はどうしたら脱毛できるのか、脱毛するとどんなメリットがあるのかをご紹介します。

産毛も脱毛は可能!難しいと言われる理由とは?

産毛は脱毛の効果が出づらいことは事実です。しかし、きちんと産毛に対応している医療レーザー脱毛機を使えば、産毛まで効果のある脱毛をすることが可能です。

含まれているメラニン量が少ないことが原因

産毛は太くしっかりした毛と比べると色が薄いですよね。これは毛の黒さを出す色素であるメラニン含有量が少ないからです。
医療脱毛に使われる医療用レーザーは、メラニンに反応して熱を発生させる仕組みです。つまり、メラニン量が少ない産毛は、熱を集めにくいため、毛根部にダメージを十分に与えられず、脱毛効果が出にくいとされてきました。まったく効果がないわけではありませんが、どうしても太い毛より多くの回数が必要になります。
しかし、近年では産毛の脱毛にも対応できる医療レーザー脱毛機が誕生しました。


産毛にも効果的な医療レーザー脱毛機って?

産毛にも効果がある医療レーザー脱毛機

産毛の脱毛にも強い医療レーザー脱毛機の1つが、メアリクリニック横浜でも導入している蓄熱式ダイオードレーザー「メディオスターNeXT PRO」です。

上記でも触れたように、メラニン量の少ない産毛は、従来の脱毛方式では熱を十分に発生させることができないため、脱毛効果が得にくいという欠点がありました。

蓄熱式は、毛根部ではなく、毛根に栄養を送る「バルジ領域」をターゲットにしています。毛根よりも手前にあるため、低い温度でじわじわと温めるようにレーザーを照射することで、破壊ができる仕組みです。
そのため、産毛のようなメラニンが少ない毛でも、脱毛に必要な程度の熱を蓄えることができ、脱毛効果を感じることができるのです。
ただし、こうしたメラニンに反応するという性質がある以上、メラニン色素のまったくない白髪には効果を発揮することはできないため、注意が必要です。

産毛まで脱毛するメリット

素肌からキレイに

産毛の脱毛で素肌からキレイに

一本一本は目立たない産毛も、顔やうなじ、おしりなど広い部分を覆っていると、薄い毛の膜が覆っている状態と同じです。産毛を除去することで自然とお肌のトーンが上がり、肌が綺麗に見えます。
また、肌の上の余計な毛がなくなることで光を反射しやすくなり、ツヤ感のある素肌になることができます。

それに伴って、手触りが良くなることも特徴です。顔以外の部位でも、思わず触れたくなるなめらかな触り心地の肌のためには、産毛の脱毛が意外と重要なポイントです。

毛穴が締まりニキビのできにくい肌へ

産毛の脱毛で毛穴が締まりニキビのできにくい肌へ

背中のニキビやできものに悩んでいる女性は多くいます。
その原因は様々ありますが、産毛が毛穴を広げ、その毛穴に詰まった皮脂が炎症を起こしている場合があります。
産毛がなくなると、毛穴が引き締まるため、ポツポツ毛穴が目立ちにくくなるだけではなく、皮脂の詰まりが原因のニキビもできにくくなります。

お顔の化粧ノリが良くなる

産毛の脱毛でお顔の化粧ノリが良くなる

夕方になるとメイクがよれる、ファンデーションが浮いてきてしまうというメイク崩れは、ファンデーションの密着度を改善するだけで効果が出ます。
お顔に産毛があると、肌とファンデーションの障害物になります。フラットではない土台に重ねただけなので、浮いてきた皮脂や汗で流れやすくなってしまうのですね。

厚塗りも化粧ノリの悪さの原因になりますが、上記でも挙げた通り、産毛の脱毛で素肌からキレイになると、そもそも厚塗りをする必要がなくなります。
薄付きのベースメイクでも、ナチュラルで美しい印象に仕上げることができます。

産毛の脱毛についてよくあるご質問

Q産毛は硬毛化しやすいのですか?

A 脱毛機や患者様の体質など様々な要因があるため、一概には言えません。

硬毛化とは、脱毛によって毛が太くなる現象です。そのメカニズムは、未だ明確に解明されていませんが、一説には照射時の熱の伝わり方が不十分であったことが原因と考えられています。

脱毛は、レーザーの照射によって発生した熱で毛を生やす組織を破壊する仕組みですが、照射時に熱の伝わり方が不十分だと、破壊するまでに至らない程度の熱が、かえって周辺の細胞や組織などを刺激し、発毛を活性化させてしまいます。
産毛などメラニン色素の薄い毛は、熱エネルギーを集めにくいため、この硬毛化が起こりやすいと考えられています。

こうした硬毛化の発生を未然に防ぐために、メアリクリニック横浜では、硬毛化が起きにくいとされている「メディオスターNeXT PRO」という脱毛機を使用しています。「蓄熱式」という毛穴にじわじわと熱を加える脱毛方式のため、メラニン色素の少ない産毛でも加熱ムラが生じにくい脱毛機です。

また、万が一硬毛化した際は、熱の加え方や脱毛機のモードや種類を変えるなどの対応を行っております。患者様への最大限のフォローができますよう、技術力も日々向上させておりますのでご安心ください。

硬毛化について詳しくはこちら

Q脱毛したら産毛が濃くなった気がします

A 医療レーザー脱毛は直接関係がない可能性もあります。

脱毛により毛が増える「増毛化」という現象は、産毛の脱毛では一定の確率で起きるものです。ただし、その確率は高いものではありません。
また、生まれつき毛穴の数は決まっていて増えることはなく、目に見えてふさふさになってしまうということはありませんので、ご安心ください。

①毛の断面で太く見える
医療脱毛の施術の前には、ご自身で自己処理をしていただく必要があります。
カミソリや電気シェーバー等でカットされた毛の断面がそのまま生えてくるせいで毛が太く、濃くなったように感じることがあります。

②ホルモンバランスの変化
妊娠中・授乳中にホルモンバランスが乱れ、一時的な増毛が見られる場合があります。時間が経つにつれて改善されるものですので、ご心配は不要です。
こうしたホルモンバランスが乱れている時期は、脱毛しても効果が出にくく、痛みを通常より感じやすい場合があるため、当院では施術のご予約をご遠慮いただいております。


Q産毛を脱毛するまでの回数は?

A 機器にもよりますが5~10回が目安です。

脱毛では、普通の体毛も産毛も、複数回の照射が必要なことには変わりありません。ただし、産毛は太い毛よりも脱毛効果を感じられるまでには、多くの回数の照射が必要になる傾向があります。
個人差ももちろんありますが、おおよそ5~10回でご満足いただける患者様が多いです。

産毛の脱毛はメアリクリニック横浜に
お任せください

いかがでしたでしょうか。
産毛の脱毛はメリットが多い一方、ネットなどでは様々な憶測が飛び交っています。
産毛まで脱毛するには、対応できる脱毛機を扱っているクリニックかどうかを見極めた上で申し込む必要があるでしょう。
メアリクリニック横浜では、メディオスターNeXT Proをはじめ、患者様お一人おひとりに合わせた脱毛機で施術いたします。
産毛が多く、お悩みの方もぜひカウンセリングでご相談ください。

こちらのコラムもおすすめです

お気軽にお問い合わせください


メアリクリニック横浜へのアクセス

メアリクリニック横浜

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階
横浜駅きた西口より徒歩3分

メアリクリニック横浜の院内写真

名古屋駅前・栄のアクセスはこちら