ムダ毛処理後の
ブツブツ肌の原因と対処法

ムダ毛処理後のブツブツ肌の原因と対処法

ムダ毛処理をしたあと、
「黒い点々が見える」
「赤いブツブツができた」
「触ると肌がブツブツとしている」
というご経験がある方も多いのではないでしょうか?

せっかく毛を処理して綺麗になるはずが、むしろ逆効果では悲しいですよね。
ではなぜ、自己処理の後ブツブツ肌になってしまうのでしょうか?
こちらでは、ブツブツ肌の原因と対処法について詳しく解説いたします。

ブツブツ肌の主な原因は自己処理によるダメージ

ブツブツ肌は主に自己処理のダメージにより起こります

ひとくちにブツブツ肌と言っても、黒いブツブツや赤いブツブツなど、様々な種類があります。

ブツブツ肌の主な原因は自己処理によるダメージです。
カミソリや毛抜きでのムダ毛処理の際、摩擦や刺激が加わり、お肌に大きな負担がかかります。
その結果、肌トラブルが起きてしまい、黒いブツブツや赤いブツブツができてしまうのです。

ただし、自己処理の方法や、肌質によって症状やその程度が変わります。
では、次はこのブツブツの正体について詳しく解説していきましょう。


黒いブツブツ=毛の断面や埋没毛

カミソリでの処理の場合は、肌の表面で毛が切り取られているので、皮膚の下に毛が残っている状態です。
剃った毛の断面が透けて見えて、黒いブツブツのように見えることがあります。

また、黒いブツブツは埋没毛である可能性も高いと言えます。
埋没毛とは、皮膚の下に埋もれて表面に出てこなくなってしまった毛のことです。
カミソリを使って毛を剃ると、毛だけでなく肌の角質まで削り取ってしまい、表面が傷ついて炎症を起こした肌が薄い膜を張って肌を守ろうとします。
この膜が毛穴を防いでしまい、次に生えてくる毛は表面に出ることなく埋もれたままになってしまうのです。


赤いブツブツ=炎症や毛嚢炎

自己処理後、毛穴の周りが赤くなっているのは、いわゆる「カミソリ負け」をしている状態です。
カミソリなどがお肌を傷つけ、炎症を起こしてしまい、赤くなってしまうのです。

また、傷ついたところから毛穴に雑菌が入り、毛嚢炎を起こしている場合もあります。
毛嚢炎とは、ニキビのような赤いブツブツができる症状です。
傷ついたお肌は雑菌が入り込みやすく、ブドウ球菌と呼ばれる細菌に感染することで毛嚢炎が起こります。


触るとブツブツ=肌の硬化

毛抜きやワックスを使っての脱毛は、毛根から引き抜くので黒いブツブツはなくなりますが、お肌に大きな負担をかけ、傷つける原因です。
ダメージを受けた肌が修復しようとして、皮膚を厚くするために膜をはり、触ると硬くなったように感じられることがあります。
傷ついた毛穴部分だけ皮膚が硬化してしまうので、触った時にブツブツとした感触があるのです。

ブツブツ肌の対処法は?

埋没毛の対処法

埋没毛は無理に毛抜きなどで引き抜いてはいけません

基本的に、埋没毛は放置しておいて問題ありません。
ターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)とともに自然に表面に出てきて抜け落ちていくからです。

早く改善したい方は、お手持ちの化粧水やクリームなどでこまめに保湿をすると、皮膚が柔らかくなり、埋もれていた毛が表面に出てきやすくなります。

とはいえ、埋没毛は見た目が気になり、つい毛抜きなどで膜を剥がして毛を抜いてしまいたくなりますよね。
しかし、無理に毛を引き抜く行為はさらにお肌を傷付けてしまう可能性があります。

毛を引き抜くと毛穴の奥に雑菌が入り込んで炎症を起こし、毛嚢炎ができてしまうことも。
さらなる肌トラブルを引き起こさないためにも、毛を引き抜く行為は避けてくださいね。


赤いブツブツを改善するには

毛嚢炎は保湿をこまめに行うことで改善できます

カミソリ負けは肌が炎症を起こしている状態なので、自己処理後は冷やしたり、保湿をしっかりすることが大切です。
カミソリ負け用の市販のクリームなどを塗るのも効果的です。

毛嚢炎の場合は埋没毛と同様、基本的には自然治癒します。
毛嚢炎ができてしまったときは、肌を清潔に保ち、肌の乾燥を防ぐ程度に保湿をしてください。
症状が長引き、悪化すると痕になってしまうこともあるので、様子を見て皮膚科に相談して診てもらいましょう。


硬くなった肌はピーリングでケア

ピーリングで角質を取り除き、お肌を滑らかにすることができます

ピーリングは不要な角質を除去してお肌のターンオーバーを促します。
硬くなった皮膚を削り、お肌を滑らかにすることができます。

ピーリング剤は薬局でも売っており、家でお手軽に使えるスキンケア用品です。
ただし、毎日ピーリングをするとお肌に負担をかけてしまうため、お肌の調子をみながら週1~2回程度を目安に行うようにしてください。

なお、ピーリングは美容皮膚科でも受けることができます。
医師の診察のもとで施術を行うので、肌質やお肌の状態に合った施術を受けられるというメリットがあります。

お肌のブツブツを防ぐには
医療脱毛での永久脱毛がおすすめ

医療脱毛で永久脱毛すれば、自己処理の頻度が下がり、肌トラブルも少なくなります

ブツブツに悩まされないつるすべ肌を手に入れたい方には、医療脱毛がおすすめです。
エステやサロンでの光脱毛とは異なり、医療脱毛には永久脱毛効果があります。
医療脱毛が完了すると、その後自己処理をする必要はほとんどなくなるので、ブツブツ肌になるのを防ぐことが可能です。


ただし、「医療脱毛を受ければブツブツ肌にならない」とは限らないので注意が必要です。
医療脱毛の施術も少なからずお肌に刺激を与えるので、施術が原因で一時的に毛嚢炎が生じることもあるのです。
しかしこれも一時的な症状にすぎないうえに、医療脱毛は医療機関で行う施術ですから、もし肌トラブルが悪化しても医師が対応することができます。

医療脱毛のリスクについてもっと詳しく

ムダ毛処理の際の注意点

ムダ毛処理をするときの注意点

少しでもお肌に優しい自己処理方法を選ぶのであれば、電気シェーバーによる自己処理がおすすめです。
カミソリ同様に毛をカットするので、処理後に黒いブツブツが見えてしまうこともありますが、毛抜きやワックスによるムダ毛処理よりもお肌へのダメージは少なく済みます。

残念ながら、ご自身でムダ毛処理をする場合、ある程度のブツブツ肌は避けて通れない道だと言えるでしょう。
ですが、アフターケアをしっかり行うことで、お肌へのダメージを軽減することができ、ブツブツ肌の予防につながります。
どんな方法であれ、ムダ毛処理をした後は、お手持ちの化粧水やクリームで丁寧に保湿をしてくださいね。

メアリ横浜の医療レーザー脱毛で
埋没毛に悩まないお肌へ

多くの女性を悩ませる、自己処理の後のブツブツ肌。
ブツブツ肌は恥ずかしいけれど、全く自己処理をしない、という選択をするのも難しいですよね。

先ほども申し上げた通り、医療脱毛はブツブツ肌の予防・改善に効果を発揮します。
メアリクリニック横浜で行っている医療レーザー脱毛も永久脱毛効果が得られますので、脱毛をすれば自己処理の必要性も、ブツブツ肌のリスクも最小限になります。
「もうブツブツ肌に悩まされたくない!」
という方は、ぜひ医療脱毛の施術を検討してみませんか?

当院では、専門家の立場からお肌の状態を診断し、最適な脱毛プランをご提案いたします。
カウンセリングは無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

こちらのコラムもおすすめです

皆様からのご予約・お問い合わせをお待ちしております


メアリクリニック横浜へのアクセス

メアリクリニック横浜

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階
横浜駅きた西口より徒歩3分

メアリクリニック横浜の院内写真

メアリ横浜の詳しいアクセス情報はこちら
名古屋・栄のメアリクリニックへのアクセスはこちら