意外と知られていないVIO脱毛の常識

「VIO脱毛をやってみたい!」そう思っても、デリケートゾーンを人に見られるのは恥ずかしいし、友達にも聞きづらい……そんなお悩みを抱えていませんか?

VIOは家族にも友達にも見せない部位なので、毛量やVラインの形、正しい処理方法などが分かりづらいですよね。

あなたにとっての最適なVIO脱毛の方法を選んでいただくために、自己処理派とエステ・サロンやクリニックに通う派のメリット・デメリットをご紹介します。

安全に美しく仕上げたいならVIO脱毛はクリニックがおすすめ

水着を着るときや温泉に入るとき、または彼氏とデートしているときなど、女性にはアンダーヘアの状態が気になってしまうシチュエーションが数多くありますよね。
そんなとき、身だしなみとして事前にVIOを処理しておく方がほとんどだと思います。

VIO脱毛の方法は、自己処理派、もしくはエステ・サロンやクリニックに通う派に分けられます。
誰にも見られずにすむことから、自宅で自己処理を行っている方も多いでしょう。
ですが、VIOはデリケートゾーンだけに肌荒れしやすく、ムダ毛の自己処理が大変難しい部位です。
万が一の肌トラブルが起きてしまったときのことを考えると、医療機関であるクリニックでの脱毛が一番安心です。


自己処理派のVIO脱毛は肌を傷めやすい

自己処理派のVIO脱毛は肌を傷めやすい

自己処理で代表的なのは、カミソリもしくは電気シェーバーを使った剃毛です。
一人で誰にも見られずにアンダーヘアを処理できるので、人に見られるのが恥ずかしいという方は自己処理を選ぶのではないでしょうか。
ですが、デリケートゾーンは皮膚が薄くて傷つきやすいため、自己処理はとっても肌を傷めやすい方法なんです!
処理した毛先が尖ってチクチクしたり、炎症などの肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
また、IラインやOラインを鏡で見ながら自己処理するのは危険なうえ、剃り残しなく仕上げるのは至難の技です。

安全に、そしてVIOを美しく仕上げたいのであれば、自己処理はおすすめできません。


エステ・サロン or クリニックでのVIO脱毛

エステ・サロン or クリニックでのVIO脱毛

エステ・サロンもしくはクリニックでVIOを脱毛する『通う派』は、めんどうな自己処理の手間が省けるうえに、見栄えのいいアンダーヘアとデリケートゾーンが手に入れられるという利点があります。
また、VIO脱毛によってアンダーヘアに付着した菌が繁殖しにくい状態になるので、デリケートゾーン特有のニオイや蒸れ、かゆみといった不快感も解消されます。

エステ・サロンかクリニックに通ってVIO脱毛したいと思った人が悩むのが、どちらを選択するかでしょう。永久的な脱毛効果を得たい方は、クリニックで行う医療脱毛がおすすめです。エステ・サロンでは、一時的な「減毛」効果しか得られません。
また、エステ・サロンでは医療資格を持たないエステティシャンが施術を行っているため、万が一肌トラブルが発生した場合、適切な処置ができません。
クリニックであれば、常駐している医師が適切に対処することができます。


VIO脱毛は40代以降の女性も始めています

VIO脱毛は40代以降の女性も始めています

アンダーヘアのお手入れをしているのは若い女性だけではありません。

いまやVIO脱毛は、10代から50代の幅広い年齢の方が行っている時代。
とくに40代以降の方は介護される立場になったときを想定し、脱毛を始めるケースが増えています。ムレたり臭ったりと清潔感を保ちにくいVIOを脱毛することは、介護してくれる人に対する思いやりでもあります。

もはやVIO脱毛は、すべての年代の女性にとって身だしなみとして捉えられています。

クリニックでVIO脱毛をしようと思ったきっかけ

クリニックに通ってVIOを脱毛した経験者にきっかけを聞いてみると、「エステ・サロンよりも施術回数が少なく、効果も高い」「肌が弱く炎症を起こしやすいので、信頼できる医療機関でやりたかった」という声が多く聞こえてきました。


VIO脱毛経験者の「やってよかった」の声

VIO脱毛経験者の「やってよかった」の声

VIO脱毛の経験者に聞くと、ほとんどの方が「やってよかった」と回答。

理由としては、「水着や下着から、はみ出すムダ毛の心配がいらなくなった」「生理時にかぶれやニオイが気にならなくなった」「温泉やジムの着替えなどで自信を持って脱げるようになった」といった声があがりました。
VIO脱毛経験者は、見た目の美しさとデリケートゾーンの清潔感に満足しているようです。

大丈夫! VIO脱毛は恥ずかしくありません

大丈夫! VIO脱毛は恥ずかしくありません

VIO脱毛というと、「デリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい!」と感じる方も多いでしょう。普段人に見せない部分を見られるという恥ずかしさから、VIO脱毛になかなか踏み出せない方もいるのではないでしょうか。
ですが、施術を行う看護師は1日に何人もの患者様を診ているので、医療行為として照射いたします。

実際にVIO脱毛の経験者に聞くと、「1回目は多少恥ずかしかったけれど、2回目以降は何も感じなかった」という人がほとんどです。


VIOのデザインはどうやって決めればいいの?

VIOのデザインはどうやって決めればいいの?

VIOの脱毛を考えている方にとって、Vラインのデザインは悩みどころですよね。
Vラインにはいろいろな形があり、お一人お一人の理想の仕上がりも十人十色です。

一番人気はナチュラルです。Vラインからはみ出したムダ毛がキレイに整えられていながら、手を加えすぎない自然なスタイルが支持されています。
また、アンダーヘアをすべて脱毛するハイジニーナも近年人気を集めています。

VIO脱毛の経験者に聞くと、クリニックのカウンセリングで相談しながらデザインを決めた方がほとんどです。
仕上がりのイメージや毛量などをスタッフと相談しながら、理想のVラインを手に入れましょう。


当日は好きな服装でお越しいただいてOK

当日は好きな服装でお越しいただいてOK

ほとんどのクリニックでは、脱毛時に着用する施術着を用意しています。
VIO脱毛の場合、タオルガウンの下に使い捨ての紙ショーツを着用し、照射時に紙ショーツをずらしながら施術を行うことが多いです。

基本的に好きな服装で行って大丈夫ですが、着替えがしやすい格好だと楽かもしれません。


施術中の体勢について

施術中の体制はクリニックによって異なりますが、Vラインは仰向けで少し脚を開きながら、Iラインは施術する方のひざを曲げて外側に倒しながら、Oラインはうつ伏せもしくは横向きの体勢で行うところがほとんどです。


VIO脱毛の痛みについて

VIO脱毛の痛みについて

VIO脱毛というと痛いイメージがありますよね。
とくにVラインは他の部位よりも毛が濃く、1本1本が太くしっかりしているため、一般的には痛みが生じやすい部位です。にですが、メアリクリニックでは痛みの少ない最新機器導入しています。低めに設定されたレーザーの熱を何度か重ねて蓄熱するので、1ショットごとの熱衝撃が少なく、痛みを最小限に抑えることができます。

IラインとOラインは皮膚が薄いため最初は痛みますが、VIO脱毛の経験者に聞くと、回数を重ねるごとに毛が薄くなり、痛みも軽減されていったという方が多いです。

VIO脱毛にまつわる悩みや不安は、カウンセリングでご相談ください

メアリクリニックのカウンセリングは無料です。
Vラインのデザインについても相談をお受けしています。

皆様が通いやすいクリニックを目指し、医師・スタッフ一同、丁寧で親切なサービスと分かりやすい説明を心がけております。
無理な勧誘や治療の押し付けも一切いたしません。

カウンセリングだけの利用も大歓迎ですので、まずはご相談ください。

お気軽にお問い合わせください


アクセス

メアリクリニック

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-20-2 田代ビル6階

横浜駅きた西口より徒歩3分